Rails
2019.10.13
[初心者向け] Rails 6.0.0でプロジェクトを立ち上げる方法

先日、Rails 6.0.0がリリースされました! これから「Railsでアプリケーションをつくっていくぞ!」っていう人の参考になれば幸いです。

STEP01 (rubyのバージョン確認、インストール)

まずはrubyのバージョンを確認しましょう。 Rails 6.0.0 では、 ruby 2.5.0 以上が必要になります。(参照

ターミナル上で

$ ruby --version
ruby ○.○.○pxxx (2019-01-01 revision 60000) [x86_64-darwin18]

○.○.○ の部分が、 2.5.0 以上であればRails6を動かせますが、最新バージョンのほうがメソッドが追加されていたり、処理が早くなっています。なので最新バージョンのrubyをインストールすることをお勧めします。

2019年9月3日現在では、 ruby 2.6.4 が最新の安定版のようです。(参照) 再びターミナル上で(rbenvなどはインストールしている前提で。。)

# インストールできるリストに最新バージョンがあるか確認。
$ rbenv install --list
Available versions:
  1.8.5-p52
  1.8.5-p113
  1.8.5-p114
  (〜中略〜)
  2.6.1
  2.6.2
  2.6.3
  2.6.4 # <- これこれ〜! 
  2.7.0-dev
  2.7.0-preview1
  jruby-1.5.6
  ...

インストールできるリストに最新バージョンがある場合。

# 最新のrubyをインストール!!
$ rbenv install 2.6.4
ruby-build: using openssl from homebrew
Downloading ruby-2.6.4.tar.bz2...
-> https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.6/ruby-2.6.4.tar.bz2
Installing ruby-2.6.4...
ruby-build: using readline from homebrew
Installed ruby-2.6.4 to /xxxxx/.rbenv/versions/2.6.4

インストールできるリストに最新バージョンがない場合。

この記事などを参考にしてみましょう。 rbenv install --list で最新のバージョンが確認できるようになったら、 インストールできるリストに最新バージョンがある場合。 に進んでください!

STEP02 (Rails 6.0.0でプロジェクトを立ち上げる)

まずはインストールした ruby-2.6.4 にRailsをインストールする必要があります。

(あれ、過去にRailsインストールしたことあるんだけどって思った方へ。以下の例を読んでみてください。例の稚拙さ、わかりにくさ、その他諸々のビミョーさはご愛嬌。) 例えば、バージョンをマンションの部屋番号のようなものだと思ってください。 同じマンションAでも、101号室と102号室では、住んでる人も違えば、置かれている家具や配置など状況が違いますよね。 このように、同じrubyでも、バージョンが違えばインストールされているモノが変わってくる可能性があるワケです。

超絶怒涛のわかりやすい具体例を読んだところで、Rails6インストールしていきます!

# projectのディレクトリを作り、移動。
$ mkdir sample_app_name
$ cd sample_app_name

# インストールした最新のrubyに切り替えよう。
$ rbenv local 2.6.4
$ ruby --version
ruby 2.6.4p104 (2019-08-28 revision 67798) [x86_64-darwin18]

$ gem install rails -v '6.0.0'
...(諸々のインストールログ)

# DBにPostgreSQLを使いたい場合は、 --database=postgresqlといったオプションを<options>に記述します。
# 詳しいオプションは、 rails new --help して Options: の欄をみてください!
$ rails _6.0.0_ new <options> . # <- 「.」をお忘れなく。
...(諸々のインストールログ)

$ rails s
=> Booting Puma
=> Rails 6.0.0 application starting in development
=> Run `rails server --help` for more startup options
Puma starting in single mode...
* Version 3.12.1 (ruby 2.6.4-p104), codename: Llamas in Pajamas
* Min threads: 5, max threads: 5
* Environment: development
* Listening on tcp://localhost:3000
Use Ctrl-C to stop

あとは、 localhost:3000 にアクセスして以下のような画面がでていればRails 6.0.0でのプロジェクトの立ち上げは完了しているはずです! スクリーンショット 2019-09-03 15.35.16.png

拙い記事でしたが、読んでくださりありがとうございました! もっとこうしたほうがいいよなどのレビューございましたら、コメントお願いします。

参考

Ruby 2.3.0がrbenvに表示されない時にやったこと

アプリケーション開発、ITマーケティングなど
お気軽にご相談ください

お問い合わせ